シエラフットヒルズのワインの特徴、当たり年やおすすめワインまとめ

Good Wine 編集部Good Wine 編集部

2019.10.29 公開 | 2019.10.29 更新

シエラ・ネバダ山脈の西側の斜面にブドウ畑が点在しています。

ゴールド・ラッシュの発祥地であり、同時期にブドウの栽培が開始されました。

シエラ・フットヒルズのワインについて

アマドア・カウンティ(Amador County)やエル・ドラード・カウンティ(El Dorado County)など、8のカウンティを含む広域なAVAですが、生産量はカリフォルニア州全体の約0.5%程度となっています。(2012年データ)

生産されているブドウ品種

主に黒ブドウが生産されており、ジンファンデル、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーなどが挙げられます。

ジンファンデルの品質の高さには定評があり、シエラ・フットヒルズ内の全てのAVAで栽培されています。

シエラ・フットヒルズのテロワールについて

標高が高く、比較的冷涼な生産地です。

中には標高1,200mに達する、非常に冷涼なエリアも存在します。

シエラ・フットヒルズの主な産地

以下の主要なAVAが存在します。

  • ノース・ユバAVA(North Yuba)
  • エル・ドラードAVA(El Dorado)
  • カリフォルニア・シェナンドー・ヴァレーAVA(California Shenandoah Valley)
  • フェア・プレイAVA(Fair Play)
  • フィドルタウンAVA(Fiddletown)

カリフォルニア・シェナンドー・ヴァレーAVAは、アマドア・カウンティ内に位置する生産地で、特に樹齢の高いジンファンデルの古木が存在することで知られています。

シエラ・フットヒルズの栽培面積について

ブドウ栽培面積は、約2,306haとなっています(2012年データ)。

シエラ・フットヒルズの歴史について

1840年代に発生したゴールド・ラッシュによりワインの需要が高まったことを契機に、ワイン醸造が始まりました。

一時期は隆盛を誇りましたが、19世紀末のフィロキセラ被害によって、ほとんどのブドウ畑が壊滅しました。

そのような状況下でも、いくつかのジンファンデルの畑は生き延び、100年以上の年月を経た今も尚、良質なブドウを実らせています。

シエラ・フットヒルズで特に有名なワイン

著名な生産者が造るワインをご紹介します!

テール・ルージュ・アンド・イーストン・ワインズ イーストン・ジンファンデル

1980年代半ばに、ビル・イーストン氏によってカリフォルニア・シェナンドー・ヴァレーAVAに設立されました。

この地区特有の花崗岩質⼟壌の赤土が、テール・ルージュ(⾚い⼟壌)の名前の由来になっています。

所有畑の多くが標⾼300m以上に位置しているため、昼夜の寒暖差によって美しい酸味が保たれ、
花崗岩質⼟壌由来のしっかりとしたタンニンを備えたブドウから、長期熟成にも耐えうるワインが完成します。

こちらは、ジンファンデルの故郷と呼ばれるこの地のブドウを100%使用しており、ブラックチェリーを想わせる果実味と心地よいスパイスのニュアンスが口中に広がります。

クルーズ・ワイン・カンパニー クルーズ・トラディション スパークリング・ワイン カリフォルニアNV

マイケル・クルーズ氏によって、2013年に創設された比較的新しいワイナリーです。

わずか3年後に、サンフランシスコ・クロニクル紙でWinemaker of the Yearに選ばれたことで、その名は一気に知れ渡りました。

既存のブドウ品種やスタイルに囚われることなく、複雑で個性的なワインを数多く生み出しており、国内外から大きな注目を集めています。

こちらは、シエラ・フットヒルズの標高の高い畑で育ったブドウをベースに、サンタ・バーバラ・カウンティ及びメンドシーノ・カウンティ産のブドウをブレンドして造られています。

各産地の良いところ取りをした、贅沢なスパークリング・ワインです!

まとめ

カリフォルニア州の中でも、最も長いワイン造りの歴史を持つ生産地の1つです。

ぜひ、古木ならではの滋味深い味わいをお楽しみください。

公式Twitter

アクセスランキング

2020.04.09 更新

同じカテゴリーの新着記事