サンルイスオビスポ・カウンティのワインの特徴、当たり年やおすすめワインまとめ

Good Wine 編集部Good Wine 編集部

2019.10.29 公開 | 2019.10.29 更新

セントラル・コーストAVA(Central Coast)へ含まれる、10のカウンティのうちの1つです。

北部はモントレー・カウンティ(Monterey County)、南部はサンタ・バーバラ・カウンティ(Santa Barbara County)と接するカウンティです。

サン・ルイス・オビスポ・カウンティのワインについて

ローマ・カトリック教会内のフランシスコ修道会によって、ブドウ畑が開墾された史実が残されています。

ジンファンデルやボルドー品種のカベルネ・ソーヴィニヨンから造られる高品質なワインで知られていますが、一部AVAではローヌ品種が栽培されており注目を集めています

生産されているブドウ品種

黒ブドウは、カベルネ・ソーヴィニヨン、ジンファンデル、ピノ・ノワールなどが栽培されています。

白ブドウは、主にシャルドネが生産されています。

サン・ルイス・オビスポ・カウンティのテロワールについて

西部に存在する山脈を境に、カウンティ内の気候は大きく異なります。

最も西側の山地に位置するエリアでは、太平洋による影響を受け、気温は急激に低下します。

一方、内陸部は山脈の存在によって、太平洋からの冷涼な風が遮られます。

特に、日中は日照量も多く温暖な気候となりますが、夜間になると気温は一気に下降します。

サン・ルイス・オビスポ・カウンティの主な産地

以下の主要なAVAが存在します。

  • パソ・ロブレスAVA(Paso Roble)
  • エドナ・ヴァレーAVA(Edna Valley)
  • アローヨ・グランデ・ヴァレーAVA(Arroyo Grande Valley)

パソ・ロブレスAVAは、カウンティの北半分を占拠する広域なAVAであり、12のサブ・リージョンが認定されています。

サン・ルイス・オビスポ・カウンティの栽培面積について

ブドウ栽培面積は、約11,169haとなっています(2012年データ)。

サン・ルイス・オビスポ・カウンティの歴史について

1790年代、フランシスコ修道会によって、最初のブドウ樹が植えられました。

1960年代から1970年代にかけて、本格的にワイン用ブドウの栽培が始まり、さまざまな規模の企業やワイナリーが誕生しました。

サン・ルイス・オビスポ・カウンティで特に有名なワイン

著名な生産者が造るワインをご紹介します!

ベリンジャー ウェイメーカー レッド・ワイン パソ・ロブレス

1876年に、ドイツ系移民であるベリンジャー兄弟が設立した、歴史あるワイナリーです。

禁酒法試行時代も、ベリンジャーは礼拝用ワインを生産する特別な許可を得たことで、ワイナリーを継続することが叶いました。

こちらは、パソ・ロブレスAVAで育まれた、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・シラーの3品種がブレンドされています。

ブルーベリーやプラムなどの果実のアロマが感じられる、風味豊かな赤ワインです。

骨格のあるボディと、心地よいタンニンが魅力的です!

タブラス・クリーク・ヴィンヤード コート・ドゥ・タブラス・ルージュ

1987年に、シャトー・ド・ボーカステルのペラン家と、アメリカの輸入代理店且つヴィンヤード・ブランズのロバート・ハース氏とのジョイント・ベンチャーとして始まりました。

拠点を置くパソ・ロブレスAVAは、カリフォルニア州のボーカステルと称されており、ローヌからブドウ苗を輸入し、ボーカステル醸造に使用される同様の品種を栽培しています。

シャトー・ド・ボーカステルで培われた150年以上を超えるノウハウを駆使し、秀逸なワインを生み出し続けています。

こちらは、グルナッシュ、シラー、クノワーズ、ムールヴェードルなどの4種類のローヌ品種をブレンドした赤ワインです。

グルナッシュが持つ果実味、シラーの力強くスパイシーなニュアンス、クノワーズとムールヴェードルの獣や土っぽさ、それぞれを良いところ取りした、秀逸な1本です!

まとめ

農場直送の食材を使用したレストランや、スパニッシュ・ミッション・スタイルの建築物が軒を連ねる美しい街です。

街を一歩離れると、多くの生物が暮らす雄大な太平洋、渓谷に点在する牧場やワイナリーなど、風光明媚な景色が広がる、観光地としても人気のエリアです。

公式Twitter

アクセスランキング

2020.07.14 更新

同じカテゴリーの新着記事