モントレー・カウンティのワインの特徴、当たり年やおすすめワインまとめ

Good Wine 編集部Good Wine 編集部

2019.10.29 公開 | 2019.10.29 更新

セントラル・コーストAVA(Central Coast)へ含まれる、10のカウンティのうちの1つです。

太平洋岸沿い南北約130kmに及ぶ広域な生産地であり、セントラル・コーストAVAのちょうど中央部分に位置しています。

モントレー・カウンティのワインについて

セントラル・ヴァレー(Central Valley)同様に、大企業が多く存在します。

栽培されているブドウの大半は、日常消費用ワインの原料として使用されています。

生産されているブドウ品種

黒ブドウは、ピノ・ノワール及びシラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなどが栽培されています。

白ブドウは、主にシャルドネが生産されています。

モントレー・カウンティのテロワールについて

海の底に存在する海底谷が湧き上げる冷たい海水が、海上の空気を冷やして霧を発生させることで、モントレー湾及びサリーナス・ヴァレー(Salinas Valley)へ冷涼な風や霧が流れ込みます。

全体的に見ると冷涼な気候ではあるものの、日照量に恵まれているためブドウはゆっくりと成熟し、豊富な果実味と美しい酸味を備えます。

モントレー・カウンティの主な産地

以下の主要なAVAが存在します。

  • シャローンAVA(Chalone)
  • モントレーAVA(Monterey)
  • サンタ・ルシア・ハイランズAVA (Santa Lucia Highlands)
  • アロヨ・セコAVA (Arroyo Seco)

主要な生産地は、カウンティの名を冠するモントレーAVAであり、モントレーからサリーナス・ヴァレーに至る広大なエリアです。

太平洋からの冷風が吹き込み、さらに降雨量が少なく乾燥していることから、カリフォルニア州で最もブドウの生育期間が長い生産地であると言われています。

モントレー・カウンティの栽培面積について

ブドウ栽培面積は、約15,904haとなっています(2012年データ)。

モントレー・カウンティの歴史について

かつては、ブドウ以外の果実や野菜などの農作物が多く生産されていました。

1960年代以降に、この地区の冷涼な気候がワイン用ブドウの栽培に適していることが判明したことで、急速にブドウ栽培が発展しました。

モントレー・カウンティで特に有名なワイン

著名な生産者が造るワインをご紹介します!

ランチ32 シャルドネ

1972年に、モントレー・カウンティでブドウの栽培を開始しました。

現在は、アロヨ・セコAVAなど、いつくかのエリアにブドウ畑を所有しています。

こちらは、カウンティ内のサリーナス・ヴァレーで育まれたシャルドネを使用しています。

グラスから溢れ出す、トロピカルフルーツを想わせる豊かな果実味と、バニラやトーストの芳醇なアロマに心を奪われます。

フレッシュでありながら濃厚な味わいをご堪能ください!

ハーン・ワイナリー カベルネ・ソーヴィニヨン

1970年代に、ニッキー氏とガビー・ハーン氏の夫婦によって、サンタ・ルシア・ハイランズAVAへ創設されたワイナリーです。

ニッキー氏は、サンタ・ルシア・ハイランズのAVA認定に向けての活動を行い、1995年にAVA認定を実現させるという快挙を成し遂げました。

現在、同AVAでは260ha以上の畑を所有しており、ピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンを始めとする、多種多様で高品質なブドウを生産しています。

ブルーベリーやブラックベリージャムのような果実の凝縮したアロマに、樽由来の複雑性のある香りが広がります。

力強いタンニンと豊かな果実味、美しい酸味が魅力的な赤ワインです。

まとめ

モントレーを筆頭に、ペブル・ビーチやカーメル・バイ・ザ・シーなどの美しい街が多く、豊かな自然が残るエリアとして知られています。

著明な小説の舞台にもなった風光明媚な生産地です。

公式Twitter

アクセスランキング

2020.07.14 更新

同じカテゴリーの新着記事