【2019年】大手スーパーで買える安くておすすめワインまとめ

Good Wine 編集部Good Wine 編集部

2018.07.24 公開 | 2019.03.25 更新

私たちの暮らしに欠かせない食材の宝庫「スーパーマーケット」。チラシなどを見て、特売の日に合わせて足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。特に最近では海外の食材や商品などの取り揃えも増えて、見ているだけで楽しいですよね。

中でもワインに関しては大手スーパーを中心に、年々ラインナップは増加傾向。最近では数百円で買えるものから数十万円もする高級ワインまで取り揃えているスーパーも登場しているほど、ワインには各社とも力を入れていますね。

そこで今回は、大手スーパーマーケットで食料品の買い出しついでに買える、おすすめのPB(プライベート・ブランド)ワインをまとめてみました。ぜひスーパーでのワイン選びに迷った時の参考にしてみてください。

大手スーパーマーケットのPBワインを比較

スーパーのPBワインはそのコストパフォーマンスの良さから、ワイン売り場のエース商品として扱っている店舗も多く、特売の対象になることも多い商品です。

お洒落なカゴに手書きのPOPをつけて並べている光景を目にしたことがあるのではないでしょうか。

ただ、スーパーマケットは、中小地場スーパーなど、地域によって展開店舗に差のある業種です。

そこで今回は、どこの地域の人たちが読んでも参考になるよう、ほぼ日本中で目にするであろうイオン・西友(九州地方ではサニー)・イトーヨーカドーの大手3社に絞ってご紹介します。

イオン

まずはほとんどの日本人が訪れたことがあるであろう、スーパーマーケット最大手のイオングループからご紹介します。「お客さまの声を製品に活かす」をコンセプトに開発されている、PBの「TOPVALU(トップバリュ)」は、多くの方が一度は購入されたことがあるのではないでしょうか。

そんなイオンは、近年のワインブームからワインの開発・販売にも積極的に取り組んでいます。最近ではワイン専門ショップ「イオンリカー」をオープンするなど、ワインへの力の入れ具合は数あるスーパーの中でも群を抜いているといえるでしょう。

リゴル エクセレンシア ブリュット

値段 730円(税抜)
サイズ 720ml
タイプ スパークリング白
産地 スペイン
ブドウの品種 マカベオ/チャレロ/パレリャーダ
柑橘系でスッキリした辛口

「リゴル エクセレンシア ブリュット」は瓶内二次発酵で造られるスペインの発泡性ワイン「カヴァ」です。すっきりとした辛口と滑らかな口当たり、繊細な泡、ほのかな苦味は食前酒にぴったり。

サクラアワード2015で金賞を受賞した実力は、トップバリュのワインの中でも高い人気を誇っています。日欧 経済連携協定(EPA)による価格見直しがされ、2019年2月からは880円→730円へと大幅にプライスダウンしたおすすめの1本です。

トップバリュ コンドル メルロー

値段 538円(税抜)
サイズ 750ml
タイプ
産地 チリ
ブドウの品種 メルロー
ベリー系のミディアムボディ

鮮やかなルビー色と華やかなアロマはラズベリーやブラックベリーそのものです。果実味と柔らかなタンニンが感じられるミディアムボディで、程よい飲みごたえがあります。

16~18℃と少し高めの温度で、ゆっくりと味わいたくなるワインです。スクリューキャップで開けやすく保存がしやすいので、ワインデビューの1本としても。500円台とは思えないクオリティをぜひ体験してみてください。

トップバリュ コンドル シャルドネ・セミヨン

値段 538円(税抜)
サイズ 750ml
タイプ
産地 チリ
ブドウの品種 シャルドネ、セミヨン
トロピカルな辛口

先ほど紹介したメルローと同じコンドルシリーズの白です。アロマや麦わらがかった黄色はパイナップルやピーチなど、トロピカルフルーツを連想させます。

しっかりめのボディ感と果実味がありますが、キリッとした酸味が加わり飲みやすいです。こちらもスクリューキャップなので、ワイン初心者にも扱いやすくなっています。

10~12℃に冷やして飲むのがおすすめで、白身魚のムニエルやチキンソテーなどに合わせるのがおすすめです。

西友

イギリスの酒類メーカー、アズダ社のオリジナルブランドワイン「エクストラスペシャル」をPBブランドとして展開している西友(九州地方ではサニー)。企業理念として掲げる、「エブリィ・ディ・ロー・プライス」により、特売日にかかわらず常に低価格で商品が購入できるのは消費者にも嬉しいですよね。

気になるPBワインのラインナップは約20種類と非常に豊富な分、どれを選べば良いか悩む人も多いと思います。どれもコストパフォーマンスに優れていますので、一本ずつ飲んでみるのも良いかもしれませんが、ここでは最初の1本としてお勧めしたいワインを取り上げます。

ワインメーカーズ チョイス チリ メルロー

値段 498円(税抜)
サイズ 750ml
タイプ
産地 チリ
ブドウの品種 メルロー
赤い果実を思わせるミディアム~フルボディ

ラズベリーやカシスなどのアロマが爽やかで、程よいタンニンと滑らかな口当たりが印象的なワインです。飲みやすいのでテーブルワインにぴったり。ハンバーグやミートソースなど、洋風な家庭料理の濃厚な味わいにも負けません。

一方では、鰹節やサバの味噌煮など、家庭の和食にもよく合います。手頃な価格も魅力なので、家庭料理とワインのマリアージュを楽しむにはもってこいの一本ですね。

ワインメーカーズ チョイス チリ ソーヴィニヨン・ブラン

値段 498円(税抜)
サイズ 750ml
タイプ
産地 チリ
ブドウの品種 ソーヴィニヨン・ブラン
柑橘系の辛口

ソーヴィニヨン・ブランといえば軽くて爽やかな飲み口が特徴ですが、チリ産のソーヴィニヨン・ブランは程よいボディ感で飲みごたえもあります。グレープフルーツやライムなどのほろ苦い柑橘の香りがし、酸味とのバランスが絶妙です。

魚介類を使った地中海系のパスタやサラダ、天ぷらなどとよく合います。こちらも1本500円と手頃な価格なので、デイリーワインにおすすめです。

ワインメーカーズ チョイス スペイン テンプラリーニョ

値段 498円(税抜)
サイズ 750ml
タイプ
産地 スペイン
ブドウの品種 テンプラリーニョ
バニラなどスパイシーなミディアムボディ

太陽をたくさん浴びて完熟したテンプラリーニョを使ったスペインワイン。ブラックチェリーやプラムのようなアロマに、バニラやシナモンのようなスパイシーさが感じられます。

滑らかなタンニンと樽香、タバコの香りが複雑さを生み出し、飲みごたえがある一本です。ワインの味わいがストレートに感じられるので、牛やラムなどのステーキ、生ハムとよく合います。

イトーヨーカドー

セブンイレブンを含む「セブン&アイホールディングス」が開発したPBブランド「セブンプレミアム」。今やイオンのトップバリュと並び、私たちの暮らしでも身近な存在ですよね。

そんなセブンプレミアムワインは輸入ワインと国産ワインをバランス良く取り扱われているのが特徴。なお、今回ご紹介する3本は同じセブンプレミアムを扱うセブン・イレブンでも購入することができますよ(店舗により扱う商品は異なります)。

アンデスキーパー カベルネ・ソーヴィニヨン

値段 378円(税抜)
サイズ 750ml
タイプ
産地 チリ
ブドウの品種 カベルネ・ソーヴィ二ヨン
赤い果実のミディアムボディ

セブンプレミアムの赤ワインといえば、マツコ・デラックスさんが紹介した「ヨセミテロード  カベルネ・ソーヴィニヨン」が注目されました。しかし、本当の売れ筋商品は今回紹介する「アンデスキーパー カベルネ・ソーヴィニヨン」なんです。

アンデスキーパーはチリ産で、ヨセミテロードはアメリカ産。アンデスキーパーは穏やかなタンニンと赤いベリーが心地よいミディアムボディですが、軽やかさもあります。

300円台という驚異のコストパフォーマンスの虜になる人が跡を絶ちません。「テーブルワインとして最高」という口コミが多く、宅飲みワインデビューの1本としておすすめです。

ヨセミテロード スパークリング

値段 738円(税抜)
サイズ 720ml
タイプ スパークリング白
産地 アメリカ
ブドウの品種 シャルドネ
青リンゴのような爽やかな辛口

日本の老舗ワイナリー「メルシャン」が手がけるヨセミテロード スパークリングは、ボディ感がある辛口の発泡性ワインです。国内でガス充填とボトリングを行っており、フレッシュさやフルーティーさが際立ちます。

グレープフルーツや青リンゴなどの爽やかな果実味と酸味のバランスが良く、スッキリとした辛口のスパークリングワインは、食中酒にぴったりです。キリッと冷やしてから飲みましょう。

酸化防止剤無添加ワイン

値段 470(税抜)
サイズ 720ml
タイプ
産地 日本
ブドウの品種 不明
ミディアム~辛口

メルシャンが手がけており、酸化防止剤を使っていない国産のワインです。赤ワインと白ワインがあり、それぞれ250mlと720ml、1,500mlのサイズがあります。ブドウ本来の味わいを活かすことに注力したナチュラル志向なワインです。

容器がペットボトルなので持ち運びしやすく、捨てるときにも楽々です。食事と合わせてもよし、料理にたっぷり使ってもよし。使い勝手がいい家庭用のワインとして常備したいですね。

まとめ

今回は大手スーパーマーケット3社のPBワインをご紹介しました。

各店舗ごとの特徴をまとめると

  • イオン…イオンリカーの導入によりラインナップはNo.1
  • 西友…ここでしか買えない輸入ワインが豊富
  • イトーヨーカドー…国産・輸入ワインがバランス良く揃う

といったように分けられます。

特にイオンのイオンリカーは、ソムリエが常駐している店舗も多く、自分の好みやワインを飲むシーン、予算を伝えるだけで、自分にぴったりのワインを紹介してもらえます。

また西友やイトーヨーカドーは酒類専属の担当を設けている店舗が多いため、売れ筋のワインなどはワインコーナーにいる担当者に尋ねれば教えてもらえるケースが多いでしょう。

今回ご紹介したワイン以外にも、スーパーマーケットはラインナップの豊富さが魅力なので、ぜひ自分のお気に入りの一本を見つけてください。