ワイララパ地方のワインの特徴、当たり年や主なワイナリーまとめ

Good Wine 編集部by Good Wine 編集部

2018.05.22 公開 | 2018.07.02 更新

ワイララパ地方(ワイララパワイン)

ニュージーランドの首都ウェリントン(Wellington)からほど近いワイララパ(Wairarapa)地方は、世界でもトップレベルのピノ・ノワール産地です。

ブティックワイナリーの聖地でもあるワイララパは、家族経営のワイナリーが多いです。

その中心地であるマーティンボロ(Martinborough)は、人口1,500人ほどの小さな町ですが、ウェリントンの住民にとってのリゾート地であり、また観光客も多く足を運ぶため、賑わいのある町です。

ワイララパワインについて

マーティンボロの中心地は、観光案内所や飲食店、ホテルがコンパクトにまとまっています。レンタサイクルできるお店があるので、自転車でワイナリー巡りができるのも、魅力の1つです。

しかし、急激にワイナリーが増えたことで、水不足や環境への配慮の問題が発生していると、あるワイナリーの醸造家は言っていました。

ワインの醸造に使うタンクや樽を洗浄するために、様々な場面で水を使います。また、澱といった廃棄物が大量に発生していることで、新たなワイナリーを設立するのが、ワイララパでは難しくなっているということでした。

生産されているブドウ品種

ワイララパで最も成功しているのは、ピノ・ノワールです。国内で、もっともエレガントで複雑な味わいを備えたワインを生産しています。ブルゴーニュの味わいに近いです。

ハーブの香りとトロピカルフルーツの香りがバランスの良いソーヴィニヨン・ブランも生産されており、落ち着きがありながら、しっかりとした酸ではつらつとした印象もあります。

また、シャルドネはエレガントで複雑な味わいを持ち、熟成にも向いたワインを生産しています。

アロマティック品種も栽培されており、長い成長期のおかげで糖度の高い遅摘みのブドウや貴腐菌のついたブドウからの甘口ワインが特徴的です。

  • ピノ・ノワール
  • ソーヴィニヨン・ブラン
  • シャルドネ
  • ピノ・グリ
  • リースリング
  • ゲヴェルツトラミネール
  • ヴィオニエ

ワイララパ地方のテロワールについて

ここは、2つの山脈の間に位置する渓谷です。夏は乾燥していて日中は30度を超え、夜間には10度まで下がります。また、収穫期まで穏やかな気候で成長期が長くなります。

秋の3月4月は急に気温が下がり、晩秋には雨が多くなります。これらの気候から、ブルゴーニュ系品種の相性がいいとされています。

土壌は、何世紀もかけてルアマハンガ(Ruamahanga)川がもたらした砂利の多いシルトローム層になっており、その下の層も砂利質です。

水はけがとてもよいため、夏には灌漑(人工的に水を供給すること)が必要となります。

強い風が谷の下から吹いてくるため、受粉率が落ち、収量が少なくなり、また風から実を守るため果皮が厚くなり、凝縮された実が収穫できます。

南方向からの涼しい風によって、ワイララパ特有の華やかなアロマやエレガントさをもたらしてくれます。

ワイララパ地方内の主な産地

ワイララパには、2つのサブリージョンがあります。

ワイララパでも、比較的気温が高く、土壌も重たいのが、マスタートン(Masterton)、グラッドストーン(Glandstone)エリア。水はけのよい砂利と石の層をシルトロームが覆っています。

暖かいが、朝には霜が発生するほど気温が下がります。この寒暖差が、ブドウに凝縮感を与え、複雑で香り豊かなワインを生み出しています。

ブルゴーニュに似ている気候と土壌があるマーティンボロは、土壌は水はけのよい砂利と石の層をシルトロームが覆っています。

2つの山脈に囲まれていることで、乾燥した地域で、秋の雨量は国内で最も少なく、秋の寒暖差は国内でもっとも大きいとされています。これにより、時間をかけてゆっくりと成熟することができ、とりわけピノ・ノワールに最適の産地となっています。

  • Masterton、Gladstone(マスタートン、グラッドストーン):複雑で香り豊かなワインの産地。
  • Martinborough(マーティンボロ):成熟したピノ・ノワールの産地。

ワイララパワインの生産量

全体の2.7%の栽培面積、1,017haがある、この地域には68軒のワイナリーがあります。2016年の収穫量は、5,049トンで、全体の1.2%、前年比で+42%の成長率があります。

ブドウ品種別に見ていくと、48%でピノ・ノワール、32%でソーヴィニヨン・ブラン、5.7%でピノ・グリ、3%でリースリング、ゲヴェルツトラミネールとヴィオニエはそれぞれ0.2%、シラーが0.9%となっています。

国内消費量は49%で、51%のワインは輸出されています。全輸出量の約0.9%で輸出額は、1,412万ドルとなっています。

ワイララパワインのヴィンテージチャート

ヴィンテージチャート (赤ワイン)

年号 評価 年号 評価
2000 ★★ 2010 ★★☆
2001 ★★ 2011 ★☆
2002 ★★ 2012 ★☆
2003 ★★☆ 2013 ★★☆
2004 ★★ 2014 ★★☆
2005 ★☆ 2015 ★★☆
2006 ★★ 2016 ★★
2007 ★★ 2017 ★☆
2008 ★★ 2018 NT
2009 ★★

ヴィンテージチャート (白ワイン)

年号 評価 年号 評価
2000 ★★ 2010 ★★☆
2001 ★★☆ 2011 ★☆
2002 ★★ 2012 ★☆
2003 ★★☆ 2013 ★★☆
2004 ★★ 2014 ★★☆
2005 ★☆ 2015 ★★☆
2006 ★★ 2016 ★★
2007 ★★ 2017 ★☆
2008 ★★☆ 2018 NT
2009 ★★☆

cf. Michael Cooper, Buyer’s Guide to New Zealand wines 2012, 2013, 2016, 2017, Auckland New Zealand: Upstart Press Ltd, 2011, 2012, 2015, 2016

ワイララパワインの歴史

この地域にブドウが伝わってきたのは、1883年のことでした。ウィリアム・ビーサム(William Beetham)とそのフランス人の妻、マリー・ゼリー(Marie Zelie)がマスタートン(ウェリントンから北東に100kmの場所)の近く、ランズドーン(Lansdowne)にぶどうの木を植えました。

しかし、他のニュージーランドの産地と同様、本格的にワイン造りが始まるのは、それから約100年後の1980年のことです。

その前年1979年に行われた政府の土壌調査で、ワイララパがブドウ栽培に適しており、フランスのブルゴーニュ地方に気候が似ていることなどが報告されました。

これをうけて、ドライ・リバー(Dry River)、マーティンボロ・ヴィンヤード(Martinborough Vineyard)、アタ・ランギ(Ata Rangi)、チフニー(Chifney:現在のMargrain Vineyardマーグレン・ヴィンヤード)が、ワイン造りを開始しました。

これにより、ワイララパエリアには、年々ワイン生産者が増え、現在では68軒のワイナリーが存在しています。

ワイララパ地方で特に有名なワイン

ニュージーランドのDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)と呼ばれるAta Rangi。

ワイララパのパイオニアであるマーティンボロ・ヴィンヤード。

そして、日本人でありながら、世界で注目されるワインを生産しているクスダ・ワインズ(Kusuda Wines)。

ワイララパらしいワインを生産する有名ワイナリーのワインです。

Ata Rangi Pinot Noir 2015

ニュージーランド最も成功しているワイナリーの1つのAta Rangiのメインキュベであるピノ・ノワールは、ビオディナミ農法やサステイナブル農法を行い、収穫したブドウは、ブロック・クローン毎に分けて発酵しています。

35%は全房発酵で、自然酵母による発酵。新樽比率35%で11ヶ月熟成しました。

八角や白檀のようなスパイスの香りと、ダークチェリーの果実味が感じられます。

きめ細やかなタンニンと酸のバランスが良く、熟成に耐えるワインになっています。

カモや鳥、豚と一緒に楽しめるワインです。

ワインの詳細を見る

Martinborough Vineyard Te Tera Pinot Noir 2014

マーティンボロのパイオニアであるマーティンボロ・ヴィンヤードのピノ・ノワールは、手摘みのブドウを自然酵母で発酵しています。新樽比率15%のフレンチオークで7ヶ月熟成しました。

チェリーやラズベリーといった赤系果実の香りが華やかに香り、ソフトでフルーティな味わいです。若いうちからカジュアルに楽しめる一本です。

焼き鳥といったお肉の前菜との相性がいいです。

ワインの詳細を見る

Kusuda Wines Riesling 2014

世界でもっとも名の知られた日本人醸造家のひとりである楠田浩之さんのリースリングは、手摘みしたブドウを全房発酵し、ステンレスタンクで15日間発酵。澱引き後、7ヶ月間のタンク熟成後、瓶詰め。

コルクとスクリューの両方で瓶詰めしています。

青りんごやライムのようなフレッシュな酸があり、残糖もあるので甘みが感じられます。

和食とも相性がよく、刺し身と相性がいいです。

ワインの詳細を見る

 

まとめ

世界で注目され続けるワイララパは、ウェリントンからも近く、足を運びやすい地域です。ウェリントンでは、食とワインのイベントやクラフトビールのイベントなどを行っており、高い評価を受けています。

また、2016年にはWellington Wine Country Limited(WWCL)という組織ができ、ウェリントンとワイン産地を繋ぐ動き、また世界へと流通させる動きが出ています。

今後、ワイララパのワインが日本にも多く入ってきて気軽に楽しめるようになるかもしれません。