魚料理に合うワインを探そう!おすすめワインと人気レストランまとめ

Good Wine 編集部Good Wine 編集部

2019.08.13 公開 | 2019.08.15 更新

魚料理(寿司)とワイン

魚料理に合うおすすめワインを料理にごとに分けて紹介します。自宅でちょっとしたパーティやお祝いごとをする時の参考にしてみてください!

また魚料理とワインが美味しいお店を地域別にまとめるので、デートや記念日などで外食する予定の人は、予めチェックしておきましょう。

魚料理と相性の良いワイン

魚料理とはいっても、和食で刺身やお寿司を食べるのか、はたまた洋食系でムニエルにするのか、どんな旬の魚をどう調理するのかで選びたいワインが変わっていきます。

ここからはそれぞれに合うワインについて考えていきたいと思います。

生の魚料理

生魚と一口に言っても、白身・赤身・光り物など魚の種類はたくさんあります。同時に、それをカルパッチョにするのか、刺身にするのか、お寿司にするのかなどさまざまです。

一緒にどんな薬味や野菜を食べるのか、海苔を使うのか、によっても味わいに微妙な違いが生まれますが、生魚は繊細なものであるということを理解しておきましょう。

樽がしっかりとしたものや香りの強いワインは、生臭さを強調したり、せっかくの生魚の味わいを半減させてしまうことがあるので、注意が必要です。

それでは、具体的にどんなワインを合わせたいか、詳しく見ていきます。

刺身

日本人にとっての生魚といえば刺身でしょうか。ツマや大葉とともに楽しむことも多い刺身では、白身、赤身、光り物と多様な魚が使われます。

ここでのおすすめは万能なシャンパーニュです。

英国王室でもよく飲まれているローラン・ペリエのようにきめ細かい泡が、お刺身を食べるごとに口の中をリセットしてくれるので、一口一口を新鮮に楽しむことができます。

白身、例えば鯛などだけの場合には、ドメーヌ・ド・コニェットのミュスカデや白百合醸造の甲州といった繊細な味わいのものがおすすめ。

赤身のマグロを食べるときには、ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィスのブルゴーニュピノ・ノワールや、南アフリカ・デイヴィッド&ナディアのピノタージュが、マグロの鉄分としっかりと寄り添ってくれます。

光り物では、お寿司のために開発されたワイン、キュベギョタクをおすすめします。

寿司

お寿司を食べるときも同様で、基本的にはそれぞれネタに合わせるのが理想ですが、なかなか難しいです。

そこでおすすめなのが、万能なシャンパーニュ。お寿司ではシャリがあるので、少し甘みのあるものがいいでしょう。アヤラなどは、お寿司との相性がぴったりです。

同時に、ドイツのリースリングなんかも相性がいいものが多くなってきます。

若干の残糖がある白やスパークリングを合わせてあげるのがお寿司のペアリングにはいいでしょう。

カルパッチョ

イタリアンなんかでよく出てくるのがカルパッチョです。レモンをキュッと絞って食べるカルパッチョには、レモンのようにキリッと冷やして楽しみたい白ワインがぴったりです。

火を入れる魚料理

火入れとはいえ、焼き魚なのかソテーなのか、そしてそこにどんなソースを合わせるのか、によって大きく異なるのがワインとの相性です。

焼き魚

焼き魚は魚の種類によっておすすめが異なり、どの時期のものに合わせるのかということも関係してきます。

例えば、秋に旬を迎えるサンマ。これには、キンタ・ド・リッシャンオヴィーニョ・ヴェルデを。

鮭には、ルネ・ミューレのロゼ・シャンパーニュが、焼けた皮と鮭のしっかりとした脂を包み込んでくれます。

西京焼き

味噌漬けにして焼き上げる西京焼きは、タラを使うことが多くなりますが、こちらはルネ・ミューレのリースリングと相性がよくなります。

同時に、味噌の香ばしいニュアンスが、シャルドネとの相性を促進してくれます。あまり樽香の強いものではなく、日本産の優しいワインがいいでしょう。

ルバイヤートシャルドネのように上品で繊細な味に合わせると抜群です。

ムニエル

たっぷりのバターを使用し、小麦粉をまぶして焼き上げるムニエルは、シャルドネと楽しみたいです。

ドメーヌ・ウィリアムのシャブリグラン・クリュもおすすめです。

魚料理とワインが楽しめる人気レストラン

近年、お寿司屋さんや魚をメインに扱う店でもワインを取り扱うところが増えてきました。

魚、となると日本酒をどうしても合わせてしまうというかたも多いとは思いますが、ここではおいしいワインと魚料理が食べられるお店を紹介したいと思います。

東京

東京で人気のお店を3つピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください!

サカナバル 恵比寿

多種多様な魚料理と世界各国のワインを楽しむならここ。少し駅から離れ、丘の上に位置するお店は外観もおしゃれで、デートにもオススメ。

ホームページ:http://sakanabar.jp/ebisu/

マル・デ・クリスチアノ

日本と似た食文化を持つポルトガル料理とポルトガルのワインを楽しめる代々木八幡のお店です。めったにないポルトガルの魚料理を楽しむことができます。

ホームページ:http://www.cristianos.jp/mar/

シーフードビストロ SARU

イタリアンをベースにシーフードを楽しむことが出来る代々木上原のお店。日本のワインも楽しむことができ、カジュアルな雰囲気の中でワインとシーフードを楽しむことができます。

ホームページ:http://saru-yoyogiuehara.jp/

大阪

大阪で人気のお店を2つピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください!

アレグロペッシェ

魚料理と白ワインのみを提供するというこだわりのあるこちらは、イタリアンをベースにしています。自社経営の魚屋から仕入れた新鮮な魚を楽しめる。

Uomo

海鮮中華出身のシェフが手がけるワインと伊勢海老を楽しめるお店。
イタリアワインを中心に揃えるワインリストです。

ホームページ:http://u-o-mo.com/

魚とワインと生パスタのお店 クロサキスイサン

フランスとニューカレドニアで腕をふるったシェフの海鮮料理をカジュアルに楽しめるお店。

ホームページ:http://kurosakisuisan.favy.jp/menus

京都

和食や洋食など様々な業態がひしめく京都は、日本酒の名産地でもあります。そんな中でも、京都ならではの料理とワインを楽しめる3店をピックアップしました。

Fishbar agiyao

フランスの白ワインを取り扱い、魚料理のみで楽しむことが出来るお店。スタッフも気さくで、ワインと食事の組み合わせを相談できる。

ホームページ:http://fishbar-agiyao.jp/

FUNATSURU

明治3年に創業した老舗料亭で楽しむワインと魚は一味違います。ワインセミナーなども行なっており、きめ細やかなサービスと料理、そして店からの景色にうっとりします。

ホームページ:https://www.funatsuru.com/restaurant/

千歳

天橋立ワイナリーを擁する京都でワインを楽しむなら、ここ。新鮮な魚介料理と天橋立ワイナリーのワインを中心に高級ワインなども揃えたお店です。

ホームページ:http://www.amanohashidate.org/chitose/

札幌

札幌で人気のお店を3つピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください!

札幌 きびと

新鮮な魚料理とカジュアルなワインを楽しめる隠れ家。

ホームページ:http://sapporo-kibito.com/

北海四季佳肴 魚作

ワイン好きから絶大な指示を受けている魚料理の店がこちら。日本酒もワイングラスで楽しめ、グラスワインにもこだわっている。

ホームページ:http://www.uosaku.com/

Teze

リーズナブルにフレンチを楽しめるこちらは、フランスワインを置いており、料理と合わせて楽しめる。

ホームページ:http://teze.mods.jp/

まとめ

魚料理に合うワインと人気レストランを紹介してきました。

料理ごとにおすすめのワインをいくつか提案したので、悩む人は選ぶ際の参考にしてみてみてください。

今回ここで紹介したのはあくまでも一例で、これ以外にもたくさん相性がいいワインやお店があります。

いろいろ試してみて自分に合うワインやお店を探してみてください!

レッスンレベル

公式Twitter

アクセスランキング

2019.10.18 更新

同じカテゴリーの新着記事