レストランでワインのペアリングを楽しもう!

Good Wine 編集部Good Wine 編集部

2018.07.19 公開 | 2018.09.11 更新

ワインの「ペアリング」という言葉を知っていますか?

ワインは難しいというイメージが先行して、手が出しにくいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、レストランでワインのペアリングを楽しむ方法について解説します。

ペアリングの初歩的な知識やレストランを選ぶ際のポイントを紹介するので、はじめてのペアリングでも心配いりません。

難しく考えず、ペアリングを通してワインの楽しみ方を増やしていきましょう。

ワインの「ペアリング」とは

ワインの「マリアージュ」と「ペアリング」は、どちらも「組み合わせる」という意味では同じです。

しかし、厳密にいうと少し違いがあります。

近年のレストランで「ペアリング」というと、コースの料理一皿一皿に合わせたグラスワインを楽しめるのが一般的です。

料理と相性がいいワインをお皿ごとに楽しめるので、一度にたくさんのワインを飲み比べたい!というわがままを叶えてくれます。

マリアージュとペアリングの違い

一方で、「マリアージュ」はフランス語で結婚を意味する通り、2つを組み合わせて新しいなにかを生み出す、という意味。

「ペアリング」は相性のいい2つを組み合わせてハーモニーを楽しむ、という印象が強いです。

どちらも似ているので少し分かりづらいですが、あまり深く考えず「ワインと料理のおいしい組み合わせを楽しむ」と理解しておけば大丈夫です。

ペアリングコースがあるレストランを選ぼう

ワインのペアリングを楽しむレストランを選ぶときは、ペアリングのコースがあらかじめ用意されているレストランを選びましょう。

ペアリングコースがないお店でも、相談すれば対応してくれるところが多いですが、あらかじめプランを用意しているレストランはそれだけペアリングに強いということです。

ワインがあまり出ないお店でペアリングのコースを用意しても、開けたボトルワインがどんどん劣化して味が落ちてしまいます。

そうなれば、お客さんもお店側も損をすることに。

一方、ワインが人気でペアリングのコースがよく選ばれるお店だと、飲み頃を過ぎたワインにあたってしまう心配がありません。

お店側にとっても、ボトルがどんどん開くので劣化の心配やムダにしてしまうことがないので、メリットばかり。

このようなことから、レストランでペアリングを楽しむときは、ペアリングのコースが用意されているお店を選ぶのがポイントです。

レストランで楽しむときの予算は?

ワインのペアリングをレストランで楽しむときは、料理とワインを合わせて1万円ほどをみておきましょう。

具体的な値段はレストランによって様々ですが、料理5~7皿それぞれにワインがつくといったディナーコースが一般的です。

もちろん、ランチで楽しめるレストランもありますし、皿数が少なくリーズナブルに楽しめるレストランもたくさんあります。

ワインと料理の組み合わせを一度にたくさん楽しみたい!という場合には、ディナーコースで1万円を目安にするとよいでしょう。

苦手なワインがあるときは?

レストランでペアリングを楽しむ場合、料理に合わせるワインはあらかじめ決まっているので、ワインを選ぶ必要がありません。

しかし、料理のアレルギーや嫌いな食材と同じように、苦手なワインがある場合は違うワインに差し替えてもらえる場合が多いです。

とくに、ビオワインや無濾過のワインは独特のニオイがあって苦手だという人は多いので、事前に確認してみてもよいでしょう。

どうしても飲めない!という場合でなければ、お店がおすすめするペアリングを楽しんでほしいですが、無理をする必要はありません。

予約のときに伝えるとスマートですが、当日でも問題ないので、気軽にソムリエに相談してみましょう。

お酒が強くない場合でも大丈夫!

ワインは好きだけど、そんなに大量に飲めない!と思った人も多いかもしれません。

しかし、そこまでお酒が強くない人でも大丈夫。

ワインのペアリングで出されるワインは、通常のグラスワインよりも少なめに注がれていることが多いです。

それでも不安だという人は、ハーフのペアリングコースがあるレストランを選んだり、量を少なく注いでもらったりするとよいでしょう。

ハーフのプランがなくても、相談すれば気軽に対応してくれますよ。

ペアリングが楽しめる全国のレストラン

以下では、ワインのペアリングが楽しめるレストランを紹介します。

どのお店もソムリエがワインを厳選し、有名店で修行したシェフが料理をつくっています。

ペアリングに慣れたお店ばかりなので、はじめてのペアリング体験でも安心ですよ。

東京・青山「青山ブション・アミュゼ」

青山という立地ながらカジュアルな店構えですが、日本の食材をふんだんに使った本格的なフランス料理を楽しめます。

中でも、料理5皿+ワインが5杯=1万円で楽しめる、ペアリングコースが人気です。

グラスワインと一品料理、というカジュアルな使い方もできます。

レストランの詳細を見る

京都・祇園「MAVO」

モダンでスタイリッシュながらも、クラシック風の創作フレンチが楽しめる京都の人気店です。

こちらではとても珍しい「日本茶とフランス料理」のペアリングが体験できます。

もちろん、ワインのペアリングも評判が高いです。ワインが飲めない人と一緒に特別な時間を過ごしたい人に。

レストランの詳細を見る

東京・外苑前「フロリレージュ」

こちらも予約が取りにくい人気店で、モダンなフランス料理を楽しめます。

ペアリングを楽しめるレストランは増えていますが、流行りよりも早い段階でワインのペアリングをはじめたお店のひとつです。

ワインのペアリングだけでなく、カクテルのペアリングやハーフ&ハーフ、日本酒のペアリングなどもあり、幅広い楽しみ方を体験できます。

レストランの詳細を見る

まとめ

「ペアリング」や「マリアージュ」というと難しいイメージがありますが、どちらも「楽しむ」という根本的な部分は変わりません。

今こそワインのペアリングが主流ですが、ビールやコーヒー、日本酒など様々な楽しみ方があります。

レストランでペアリングを楽しめば、自分では考えつかないようなおもしろい相性や新たな発見があるでしょう。

ワインの楽しさをもっと追求できるので、ぜひチャレンジしてみてください。