【完全版】シャンパン・スパークリングワインの上手な開け方

Good Wine 編集部Good Wine 編集部

2019.08.07 公開 | 2019.08.08 更新

発泡性ワインを開栓する

ポンッ!という小気味いい音といえば、シャンパーニュやスパークリングをイメージする人も多いでしょう。

ただしF1でのファンパンファイトのように、ワインが飛び出してしまうことも。もったいない、と思っても止まってくれないのが辛い、なんてこともあります。

今回は発泡性のワインを開けるときのコツや注意点などをお伝えします。

スパークリングワインを開ける時の手順

スパークリングワインには、コルクが使われています。その上にキャップシールが付いています。

大抵、キャップシールには、つまみが付いているので、それを引きながらキャップシールを剥がします。

もし、失敗してしまった場合やつまみがない場合には、ワインオープナーなどのナイフやスクリューで、キャップシールを切り、剥がしていきます。

キャップシールを剥がすと、金具とコルクが見えてきます。

このとき、栓が飛んでしまったり、吹きこぼれが起こる可能性があるので、タオルやトーションなどで覆います。

金具のワイヤーをゆるめていきますが、ワイヤーをゆるめたときにコルクが吹き飛んでしまうこともあるので、コルクを親指でしっかりと抑えながら緩めていきます。

金具は外さず、トーションやナプキンで覆ったまま、コルクを外していきます。この際、垂直に持つとワインが吹きこぼれやすいので、ボトルを斜めにします。

ボトルの底をゆっくりと回して、コルクをゆっくりと抜いていきます。

このとき、ポンっ!と音が出ないように、ゆっくりと少しずつガスを抜いていきます。

スパークリングワインを開ける時の注意点

スパークリングワインを開けるときに、他のワインと違う点は発泡しているということです。

発泡しているため、ボトル内にはガスが充満しています。そのため、スティルワインを開けるときよりも、注意点が多くなります。

開ける前に冷やしておく

まず、スパークリングワイン全般的に、冷えたもののほうが美味しく感じられます。

同時に、スパークリングワインは、冷やしておくことで、吹きこぼれる可能性が低くなります。

当日にスパークリングワインを購入し、そのあと楽しみたい場合には、氷水に30分、ないし冷蔵庫で3〜4時間冷やしておくとよい状態で味わうことができます。

また、スパークリングワインは振動や揺れによってガスが活発になるので、できれば1日以上は安定した場所に置いて、ワインを落ち着かせてあげるとよいでしょう。

コルクではなくボトルを回して開ける

コルクを回して開ける人も多くいますが、このように開けると中のガス圧で吹き飛んでしまうことがあります。

そのため、コルク側の手はコルクを押さえるようにして、ボトルを回していきます。

ミュズレ(金具)をゆるめた時点から、中のガス圧で徐々にコルクは上がってきてくれますので、その手助けを優しくするイメージでOKです。

ボトルの先を人や物に向けない

これは、特に注意してほしいですがコルクが吹き飛んだ場合、その先に人や物、ガラスなどがあると、怪我や破損の原因になってしまいます。

必ず、ボトルの先には何もない、もしくは安全な方に向けた上でワインを開けるようにしましょう。

開けた後は再栓しない

スパークリングワインを開けて楽しんだあと、すべて飲みきれないこともあると思います。

その際、再栓するとコルクが吹き飛んでしまう可能性があります。

また、そもそもスパークリングワインのコルクは、膨張して広がりボトルの口に入らなくなっています。

では、残ってしまったスパークリングワインはどうすればいいのか、ですが、そんなときのために、「シャンパンストッパー」というものが存在しています。

ガスが抜けにくいようになっており、スパークリングワインの保存におすすめです。

「シャンパンストッパー」と検索するといくつかの種類がヒットしますが、基本的な構造は同じで、ゴムで密閉してガスが逃げるのと、酸素が入り込むのを防いでくれます。

形や予算などで選んで問題ありません。

まとめ

スパークリングワインのコルクを抜くとき、開ける音が小さければ小さい方がいいとされています。

コルクを抜いたときに聞こえる「シュッ」という音は、Soupir de dame(淑女のため息)とフランスでも呼ばれており、重要視されています。

どんなに注意していても、ポンっ!と大きな音が出てしまうこともあると思います。
そんなときは、「おめでとうございます!」と言いながら、ワインを注いでしまいましょう。

スパークリングワインは、人を少しだけ幸福な気持ちにさせてくれるものです。

過去の著名人たちも、シャンパーニュ産のスパークリングを事あるごとに飲んでいたようです。

スパークリングワインを開ける際は、多少危険が伴うことがありますので、十分に注意して行ってください。

レッスンレベル

公式Twitter

アクセスランキング

2019.10.18 更新

同じカテゴリーの新着記事