ホットワインを楽しもう!レンジで作れる簡単レシピとおすすめワイン

Good Wine 編集部by Good Wine 編集部

2018.09.19 公開 | 2018.09.19 更新

身体温まるホットワイン、寒い時期にはもちろん、たまに飲みたくなる時がありますよね。

でも飲食店で、メニューに載っているところは案外少ないものです。お店にある材料で作れるとはいえ、メニューにないものをお願いするのはちょっと、という方も多いと思います。

ではご自宅でホットワインを、作ってみてはいかがでしょうか?

ホットワインは自宅でも簡単に楽しむことができます。

鍋を使ったりして、洗い物が面倒という方も大丈夫です!今回は電子レンジでできる簡単レシピをご紹介します。

身体も温まり美味しく、実は風邪の予防にもなるホットワイン。是非ご自宅で試してみてくださいね。

ホットワインの作り方

ホットワインは、温かいワインに甘みを足したものです。シンプルなので、多くのアレンジやレシピがあります。

色々と試してみて、ご自分のお気に入りを見つけてみましょう。

使用するワインですが、高級なものを購入してももったいないので、リーズナブルなものを選びましょう。

また自宅で飲み残してしまったワインでも変わらず使用できるので、お得な気分になりますね。

スパイスと材料

ホットワインにはスパイスやハーブを入れることが多いです。

定番なものだと、クローヴ、スターアニス、シナモン、ジンジャー、ペッパーなどです。

その他の材料としては、ワインと甘みで作ることができます。甘みも、砂糖、ガムシロップ、はちみつなどがありますので、お好みでお選びください。

作り方の基本

ホットワインの作り方は簡単です。

レンジを使用する場合は、マグカップにワインと材料を入れ、ラップをして温めるだけです。吹きこぼれてしまうので、温め過ぎないように注意し、よく混ぜてから飲みましょう。

ホットミルクと同じ温め方だと丁度良いと思います。

レンジを使用しない場合、鍋に材料を入れて、じっくりと温めましょう。

沸騰までさせてしまうとアルコールが抜けてしまったり、煮詰まった味がしてしまうので、温め過ぎには気を付けてください。

おすすめのホットワインレシピ

一口にホットワインと言えど、色々なレシピがあります。

ここでは赤ワイン、白ワイン両方のレシピをご紹介します。すべてラップをして、レンジで温めてお召し上がりください。

赤ワインの場合

赤ワインを使用したホットワインを4種類ご紹介します。

使用する赤ワインは何でも構いませんが、熟した果実感があるものだと、より一層美味しく召し上がれます。酸味が強いタイプの場合、甘みをしっかりと入れてください。

定番!シンプルホットワイン

  • 赤ワイン 200ml
  • 砂糖 大さじ1~2
  • シナモンパウダー 1振り
  • オレンジスライス 1枚

シンプルなホットワインです。赤ワインとオレンジの相性は良く、甘い香りが印象的です。

スパイスたっぷり、ドライなホットワイン

  • 赤ワイン200ml
  • シナモンパウダー1振り
  • クローヴ 2個
  • スターアニス1個
  • 唐辛子 1本
  • ジンジャーパウダー 1振り

甘みを入れずにスパイスをたっぷり入れた個性的なホットワインです。
飲む直前にブラックペッパーを振ると、よりスパイシーな香りが広がります。

フルーティーで飲みやすい、ストロベリーホットワイン

  • 赤ワイン 200ml
  • 市販のイチゴジャム お好みの量

イチゴのチャーミングな香りが華やかな、簡単ホットワインです。
ブルーベリージャムでもおいしいですし、ホット白ワインだとオレンジマーマレードでも美味しく召し上がれます。

レンジで本格的!濃厚ホットワイン

  • 赤ワイン200ml
  • はちみつ 大さじ1~2
  • レーズン 3粒
  • クローヴ 2個
  • オレンジピール、レモンピール 1枚ずつ
  • シナモンスティック添え

少し本格的なホットワインです。

まずレーズンをカップに入れ、潰してから他の材料を入れます。オレンジ、レモンピールは果肉を入れずに皮のみ入れるため、ワインを薄めることなく、香りだけをつけることができます。

お好みでシナモンスティックで混ぜながらお召し上がりください。とても贅沢な味わいの、ホットワインです。

お好みでバターを加えることで、よりまろやかになり、リッチな味わいが楽しめます。

白ワインの場合

ホットワインと言えば赤ワインのイメージが強いですが、白ワインを使用したホットワインもおすすめです。

ガスが抜けたスパークリングワインでも作ることはできますが、酸味が強いため、甘みを多く入れる必要があります。

定番、ホット白ワイン

  • 白ワイン 200ml
  • はちみつ 大さじ1~2
  • レモンスライス 1枚

シンプルなホットワインです。

白ワインの場合、レモンやグレープフルーツと相性が良いです。生姜のスライスを入れても、より身体があったまります。

ホット白ワイン、レモネード風

  • 白ワイン 140ml
  • 水 40ml
  • レモンジュース 10ml
  • ガムシロップ 10ml

レモネードを白ワインで割るような、飲みやすいホットワインです。

ハーブを使用した、ボタニカルホットワイン

  • 白ワイン 200ml
  • 砂糖 大さじ1~2
  • ローズマリー 1本
  • ローリエ 1枚

ハーブ香る、ホットワインです。

お好みでホールのブラックペッパーを二個入れても味が引き締まります。

お魚の主菜と合わせても相性が良く、食事中でもおすすめのホットワインです。

ホットワインに関する豆知識

とっても美味しいホットワインですが、風邪予防や健康にも効果があるんです。気になる点を解説していきます。

アルコール度数はどうなるの?

アルコールの沸点は水よりも低く、78℃です。

なので温めすぎるとアルコールは飛び、度数は下がります。沸騰するほどには、温めないようにしましょう。

また飲みやすくするためにジュースなどを加えると、もちろん通常のワインよりも度数は低くなります。

風邪の予防におすすめって本当?

赤ワインはポリフェノールが豊富で、抗酸化作用が高く、健康に良いことはよく知られています。

白ワインは酒石酸が多く、抗菌作用が注目されています。

さらにホットワインの場合、シナモンやジンジャーなどのスパイスを使うことで、風邪予防に効果があります。ヨーロッパでは風邪の引き初めに飲む習慣があります。

スパイスの中でも、特にシナモンには抜け毛予防や、美肌への効果もあるのでホットワインに是非入れてください。

しかしシナモンの過剰摂取は健康リスクがあるので、シナモン入りの場合、一日一杯にしておきましょう。

ホットワイン専用の商品はあるの?

最近では、スパイスや糖分がすでに入っているワインが市販されています。これは温めるだけなので、時間がない時でも簡単ですね。

大きいスーパーなどでは、ホットワイン用のスパイスがティーパックに入って売られています。これも温めるだけなので、お手軽です。

また、冬になると、スウェーデンの家具屋であるイケアでも販売されています。

スウェーデンではホットワインのことをグロッグと呼び、クリスマスに飲む習慣があります。スパイスがたっぷりと入っており、日本でも大人気です。

市販されているサングリアを購入して温めても、飲みやすくフルーティーなホットワインとして楽しめます。

まとめ

ホットワインは世界中で楽しまれていて、多くの呼び方があります。

例えば、フランスだとヴァンショー、ドイツではグリューワインと呼ばれています。海外で購入したり、オーダーするときには注意が必要ですね。

今回紹介したように、ホットワインはレンジでも簡単に作れます。

寒い冬、寝る前に毎日飲むと風邪予防にもなります。ご自身でどんどんアレンジをして、是非ご自宅でホットワインを楽んでみてください。