高級レストランで誕生日や記念日デートを楽しむためのコツ

Good Wine 編集部Good Wine 編集部

2019.09.12 公開 | 2019.09.20 更新

記念日をワインで祝う

恋人との記念日やデート、親友の誕生日、夫婦の結婚記念日など、特別な日というのは多々あります。

もちろんお家でお祝いしてもいいと思うのですが、このような機会にちょっと高級なレストランでお食事されてはいかがでしょうか?

「レストランは騒がしいし、あまり行かないな・・・」という方も、少し高級なレストランに行くと、落ち着いて特別な時間を過ごせると思います。

そのような特別な時間を過ごすために、今回は「高級レストランで誕生日や記念日デートを楽しむコツ」というテーマで、何点かポイントを解説します。

大切なデートを成功させるポイント

せっかく特別な日にレストランへ行くのに、失敗は絶対にしたくないですよね。素敵なお食事の時間を過ごすために、ソムリエについてや、ご予約の際の確認事項などを説明します。

ソムリエを上手に利用しよう

ソムリエは高級レストランですと、必ず一人はいます。お店によっては、何人ものソムリエが在籍しています。その中で「シェフ ソムリエ」が全体を統括し、営業を円滑に回しています。

是非特別な時間を過ごすために、ソムリエを上手く利用しましょう。

役割

ソムリエは「ワインの専門家」というイメージがありますが、高級レストランでは「お店の飲料の専門家」です。お店の飲料全体をソムリエが担当していることが多いです。その日のコースに合わせたグラスワインや、その他の飲料もソムリエが決めています。

上手な使い方

もし可能であれば事前に、予算やコースの相談をしておくことをお勧めします。

ソムリエはプロのサービスマンでもありますから、お客様のご予算に合わないワインを紹介することはないと思います。しかしスマートに注文するために、事前に予算を伝えておくとスムーズに注文ができます。

ワインのオーダーの際に注意してほしいのは、ソムリエに対して「知ったかぶりをしない事」です。知ったかぶりをせずに、正直に伝えることで、ソムリエは丁寧に説明をしてくれます。

パートナーに格好をつけたい気持ちはわかりますが、ソムリエも人間です。あまり心証が良くなく、最高のサービスをを受けられなくなる可能性があります。

お好きなワインのタイプが決まっているようでしたら、それに合わせたコースなども、予約の際に相談してみましょう。

例えば、「当日はまず乾杯でグラスシャンパーニュ、次に〇〇産の赤ワインをボトルで飲みたいので、それに合わせたコースをお願いします。予算は一人〇〇円ぐらいです。」と伝えておくと、特別なコースをご用意していただけるかもしれません♪

テーブルマナーを理解しておく

細かいテーブルマナーは、あまり知らない方がたくさんいらっしゃいますので、そこまで気にする必要はないと思います。

しかし公の場での一般的なマナーとして、「大声で話さない」「姿勢よく座る」「他のお客さんが不快になることをしない」などは気にするべきです。

そして予約の際に必ず確認しておくのが、お店のドレスコードです。

夏場などは、短パンやサンダルを履いて行きたいところですが、お店によっては「男性はジャケット着用」「サンダル不可」などの規定があります。必ず確認し、一緒に行くパートナーにも伝えましょう。

予約の際に聞き忘れてしまった場合は、ホームページなどを確認してください。カジュアルなレストランだとドレスコードはないですが、高級レストランだと少なからずあります。

ワインのエチケットを記念にもらおう

グラスワインですと難しいですが、ボトルワインを頼むと、ワインのエチケット(ラベル)をもらうことができます。専用のシートがありますので、とてもきれいに剥がせます。

裏には日付やコメントを書くことができますので、その日のことを書いておくと、とてもいい記念になると思います。ボトル自体を置くわけではないので、家での保存も楽ですね。

ソムリエにラベルをもらいたい旨を、ワインを飲み終わる際に伝えましょう。

帰る直前や、ワインが裏に下げられた後だと、時間がかかったり、ゴミ箱に捨てられて汚れてしまっている場合があります。

予約する際の注意点

予約は通常は電話で行うのが基本ですが、インターネットやメールで予約を承っているお店もあります。細かい希望がある場合、確認ができますのでメールなどメモに残るものがお勧めです。

電話で予約する際には、電話をする時間帯などに気をつけましょう。ランチタイムに営業しているお店ならば、ランチタイムは避けましょう。

忙しい時間帯ですので、何か行き違いが起こる場合があります。

コースを予約する際のポイント

当日のデートの出来を決める重要なポイント、コースの予約についてです。ここでつまずいてしまうと、お食事がスムーズに進みません。

パートナーの好き嫌い、アレルギーなどを伝える

お店によって、内容がすべて決まっているコースと、当日内容を選択できるコースとがあります。どちらの場合でも、自分とパートナーの好き嫌いと、アレルギーは必ず伝えましょう。

お店は使わない食材を当日仕入れていませんし、無駄な仕込みもしていません。なので急にアレルギーを伝えられても対応が難しい場合があります。

必ず予約の際に伝え、対応を確認しておきましょう。

予算の目安

もちろんお酒を飲む量で変わりますが、だいたいご予算の半額ほどを、コース料金と考えます。

言い換えると、コース料金と同額程度の飲料代がかかると考えるべきでしょう。ソムリエもコース料金に合わせて、ワインをお勧めしてきます。

まだ20代前半など若い方や、あまり外食をされない方は、通常のデートでしたら3000円ぐらいのカジュアルなコースがおすすめです。

少し特別な日は5000円ほどのコースをお願いすると、かなり特別な時間を過ごせるのではと思います。

もう少し年齢が上の方や、外食し慣れている方は、通常で7000円ほどのコースで、特別な日は15000円ほどのコースだとかなり満足感があるのではないかと思います。

ワイン好きの方とご一緒の場合、お店に「ペアリング」をお願いしても良いでしょう。ペアリングをお願いすると、お料理一皿一皿に合わせて、それぞれ相性の良いワインなどの飲料を出してくれます。

コースとしてネットなどに掲載されていなくても、相談するとしてくれる場合があります。

ここで注意点なのですが、掲載されていないものを注文する場合、トラブルの元になるので、料金はしっかりと事前に確認しておきましょう。

人気レストランは早めに予約する

雑誌に掲載されているお店や、人気のあると思われるお店は早めに予約しておきましょう。とは言っても、貸切予約でない場合は1カ月前からしか予約を受けていないお店が多いです。

ですがそのようなお店でも、特別な日の場合、相談すると予約を受けていただけるかもしれません。問い合わせをしてみましょう。

キャンセルについて

キャンセルをする場合、なるべく早くお店に伝えましょう。

コースでのご予約の場合、前日までのキャンセルで50%、当日で100%の金額を請求しているお店もあります。キャンセルがわかり次第早急に連絡し、誠意をもって謝罪をしましょう。

キャンセルの連絡が早い場合、免除していただけることもあります。

まとめ

高級レストランは、人によってはあまり行く機会がありません。少し行きづらいなと思っている方も、いらっしゃると思います。

ですがシェフや、サービスマンはプロフェッショナルです。紹介したポイントに注意すれば必ず、素敵な時間を楽しむことができると思います。♪心に残る、記念日にしてくださいね♪

記事カテゴリー

公式Twitter

アクセスランキング

2019.09.23 更新

同じカテゴリーの新着記事