ソーヴィニヨン・ブランの特徴と味や香り、おすすめ白ワインまとめ

Good Wine 編集部by Good Wine 編集部

2018.07.09 公開 | 2018.07.09 更新

知っておきたい白ワイン用のブドウ品種に、ソーヴィニヨン・ブラン(Sauvignon Blanc)があります。

シャルドネと並んで世界中で認知度の高いブドウ品種の一つです。この記事ではソーヴィニヨン・ブランについて解説をします。

ソーヴィニヨン・ブランの特徴

果実味 ★★★★★
タンニン
酸味 ★★★
ボディ ★★★
アルコール度 ★★★
レア度

2018年4月に発表になったOIV(国際ぶどう・ぶどう酒機構)のレポートによるとソーヴィニヨン・ブランの世界的な生産量は12万ヘクタールでした(2015年調べ)。

栽培面積では食用ブドウも含めて世界で11番目のブドウ品種です。

赤ワイン用ブドウ品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンの親であるとの研究結果が出ています。

ソーヴィニヨン・ブランの色

ソーヴィニヨン・ブランの実の特徴は、丸い卵型で明るい小さめの果実で明るい黄緑入りから熟すと黄金色の皮の色を呈します。

他の品種と比較すると栽培は容易で世界中で栽培されています。

ソーヴィニヨン・ブランの香り

ソーヴィニヨン・ブランの一番の特徴はその個性的な香りです。

涼しい地域では、青い草、ハーブ、ライム、レモンの香りをもったワインとなります。暖かい地域ではパッションフルーツ、洋ナシ、グレープフルーツの香りをもったワインとなります。

いずれの地域でもはつらつとした、一度香りを嗅いだら忘れられないほどのインパクトのある香りの強さをもっています。

ソーヴィニヨン・ブランの香りは時に「猫のおしっこ」とも表現されます。比較的涼しい地域で採れたソーヴィニヨン・ブランの香りの表現に用いられます。

ソーヴィニヨン・ブランの味

心地の良いきれいな酸味をもち、搾りたての果実を想わせるような味わいがあります。鮮烈な香りと同様、舌に残る印象も果実味があふれるものとなります。

ソーヴィニヨン・ブランと似た品種

ソーヴィニヨン・グリ

ソーヴィニヨン・グリの「グリ」はフランス語で灰色という意味です。

皮の色に由来し、実際には灰色よりはピンク色をした皮をしています。

ソーヴィニヨン・ブランの突然変異です。ソーヴィニヨン・ブランと比較するとふくよかでオイリーな印象です。

ソーヴィニヨン・ブランの主な産地

世界中で栽培されている人気者、ソーヴィニヨン・ブランの主な産地を解説します。

フランス

ソーヴィニヨン・ブランの代表的産地であるフランスでは、フランス国内だけでも複数の産地で素晴らしいワインが生産されています。

一つ目はロワール地方です。ほかのブドウ品種とブレンドすることなくソーヴィニヨン・ブランを100%使用します。

その中でもプイィ・フュメとサンセールは特に品質の高いものを生産しています。

涼しい地域のソーヴィニヨン・ブランの特徴をもっており、駆り立ての草やハーブ、柑橘系のさわやかな香りをもっています。酸味も果実味とのバランスがよいです。

ロワール地方では、このほかにもトゥーレーヌでも手ごろな価格ながら品質の高いソーヴィニヨン・ブランが生産されています。

二つ目の地域はボルドー地方です。ボルドー地方ではセミヨンというブドウ品種とブレンドしてワイン造りをしています。

セミヨンの特徴はふくよかで厚みのある味で、ブレンドすることでボディを与えます。

またボルドー地方では、ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンのブレンドで甘口ワインも造らています。

霧の多い地域でカビ菌(貴腐菌と呼ばれる)がブドウの表面に発生するのを利用して、水分がなくなり甘さを凝縮させたブドウから甘口ワインを造りだします。

三つ目には南西地方です。ボルドー地方のすぐそばの南の地域です。ワインのスタイルもボルドーと似ており、名前はあまり知られていませんが質の高いワインを造っています。

ニュージーランド

ソーヴィニヨン・ブランの世界基準ともいわれているのがニュージーランド・南島のマールボロで収穫されるものです。

仕上がるワインはパッションフルーツや洋ナシなど、鮮烈な香りをもつものです。

スペイン

スペイン北西部のルエダでは、ヴェルデホが広く栽培されていますが良質なソーヴィニヨン・ブランも栽培されています。

生き生きとした香りが特徴で、ソーヴィニヨン・ブランの良さを感じることができる生産地域の一つです。

アメリカ

アメリカ・カリフォルニアでも高い品質のワインが造られています。

カリフォルニアではフュメ・ブランという名前で呼ばれ、樽熟成でリッチな味わいに仕上がっているのが特徴です。

オーストラリア

オーストラリアの南西部のマーガレット・リヴァーでは、ボルドーと土壌が似ているとの研究結果から良質のソーヴィニヨン・ブランのワインが生産されています。

そのほかの生産地域

上記の国々以外にも、イタリア北部、ドイツ、オーストリアでも生産されています。

またチリのカサブランカ、ルーマニア、南アフリカでも近年良質のものが生産されています。

ソーヴィニヨン・ブランで造られた有名なワイン

ソーヴィニヨン・ブランから造られた有名なワインを解説します。

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー

フランス・ボルドー地方には珍しい、ソーヴィニヨン・ブラン100%で造られる白ワインです。

有名シャトーの一つである、シャトー・マルゴーで造られる生産量の少ない貴重なワインです。

ワインの詳細を見る

コント・ラフォン(ドゥ・ラドゥセット) サンセール

樽での発酵を行わずソーヴィニヨン・ブランのもつフレッシュさと果実味を余すことなく表現しています。

ワインの詳細を見る

クラウディ・ベイ テ・ココ

クラウディベイはニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランドの成功の先駆けになった生産者です。

ヨーロッパのソーヴィニヨン・ブランしか知らなかった方がその常識を覆されるほどの印象があります。

ワインの詳細を見る

ステラ・ソーヴィニヨン・ブラン

オーストラリアを代表するワイン評論家荷も高い評価を得ているワイナリーです。ドライな印象で樽発酵による複雑さをもっています。

ワインの詳細を見る

まとめ

ソーヴィニヨン・ブランはとにかく香りの印象が強いワインです。柑橘系の香りに注目しても、ライム、レモン。オレンジと地域により香りの違いがあります。

人気も高く世界中で栽培されているので、生産地域や醸造方法で違いを楽しむのもいいですね。