シャルドネの特徴と味や香り、おすすめ白ワインまとめ

Good Wine 編集部by Good Wine 編集部

2018.07.09 公開 | 2018.07.09 更新

白ワインの品種として世界中で栽培されているシャルドネ(Chardonnay)この記事では大人気のシャルドネについて解説します。

シャルドネの特徴

果実味 ★★★★★
タンニン
酸味 ★★★
ボディ ★★★
アルコール度 ★★★
レア度

2018年4月に発表になったOIV(国際ぶどう・ぶどう酒機構)のレポートによるとシャルドネの世界的な生産量は21万ヘクタールでした(2015年調べ)。

栽培面積では食用ブドウも含めて世界で7番目のブドウ品種です。

最大の生産国はフランスで5万ヘクタール、第二位はアメリカで4万2千ヘクタール、次いで第三位はオーストラリアで2万1千ヘクタールとなっています。

フランス・ブルゴーニュ原産で、比較的栽培が容易なことから古くからの生産国をはじめニューワールド(近年のワイ生産新興国)まで、世界中で栽培されています。

ニュートラルな性質を持っており、その土地の気候と土壌に応じた仕上がりをもったワインになります。

このような特徴から「シャルドネを選んでおけば間違いない」という人がいるのもうなずけます。

価格帯も様々で手ごろなカジュアルなシーンで飲むタイプや、高品質で丁寧なつくりをした高級ワインまでヴァリエーション豊かなワインを生んでいるのも人気の秘訣です。

シャルドネの色

シャルドネの実の特徴は、琥珀がかった黄色をした薄めの果皮をもち小さめの実をつけることです。

仕上がるワインは冷涼な土地では青みがかったイエロー、温暖な土地では濃い目のイエローからゴールドといった色を呈します。

シャルドネの香り

シャルドネの主なアロマ(ブドウ品種由来の香り)は冷涼な土地ではリンゴ、ミカン、ミントのようなすっきりとした香りがあります。

温暖な土地ではマンゴー、バナナ、洋ナシのような南国系果実の香りをもっています。土地の影響を受けやすく、生産される場所によって異なった香りがあります。

シャルドネの味

シャルドネの味の特徴もまた生産地によって変化します。

冷涼な土地では生き生きとした酸味が特徴のシャープな味に仕上がります。また温暖な土地では酸味が抑えられたふくよかな味となります。

シャルドネと似た品種

果実味のあるワインに仕上がるシャルドネと同じく果実味豊かなブドウ品種が存在します。どんな果実に似ているか想像しながら比較するのも面白いですね。

リースリング

リースリングはドイツをはじめ、フランス・アルザス地方、オーストリア、オーストラリア、ニュージーランドと広く栽培されているブドウ品種です。

切りたてのリンゴのようなフレッシュであふれるような果実味が特徴です。

辛口から甘口まで造られていて、いずれも生き生きとした心地よい酸味と果実味が楽しめます。

甲州

甲州は日本を代表する白ワイン用ブドウ品種です。くせがなくすっきりとした香りと飲み口が特徴。和食によく合う上品なワインに仕上がります。

このような点で冷涼な土地で造られたドライなシャルドネとの共通点を見出すことができます。

シャルドネの主な産地

世界中で栽培されている人気者、シャルドネの主な産地を解説します。

フランス

シャルドネの代表的産地であるフランスでは主にブルゴーニュ地方で栽培されています。
ほかのブドウ品種とブレンドをせずにシャルドネ単一でワインが造られます。

北はシャブリ、もう少し南に下るとコルトン・シャルルマーニュ、ムルソー、シャサーニュ・モンラッシェと高級白ワインの生産地が続きます。その南、マコン地区でも優秀な質の良いシャルドネが生産されています。

そしてさらに南のボージョレ地区も含めて細く長いブルゴーニュ地方で広く栽培されています。

また南フランスのラングドック・ルーション地方でも気軽に飲める手ごろなシャルドネが単一で、もしくは地元の品種とブレンドされています。

シャルドネはまた、シャンパーニュの原料にもなる唯一の白ブドウ品種です。シャンパーニュにエレガントさと果実味を与えます。

シャルドネのみで造られたシャンパーニュは「ブラン・ド・ブラン(直訳すると白の白)」とよばれ気品のある味わいがあります。

アメリカ合衆国

ピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンと同じく収量を抑えたプレミアム性のある、白ワインが造られています。

新樽の使用率が高く、豊かな果実味に加えて、ナッツやバターを思い起こさせるようなリッチな仕上がりとなります。

その他の地域

その他のシャルドネの生産地域としては以下の通りです。

チリ、オーストラリア、ニュージーランドなどシャルドネの持つ広い適応性を生かして、その土地の気候に合わせたタイプのワインが造られています。

またシャンパーニュを見習い、多くの土地でシャルドネを使用した、手ごろなものから高品質なものまで、さまざまなスパークリングワインが造られています。

シャルドネで造られた有名なワイン

シャルドネから造られた有名なワインを解説します。

ドメーヌ・ビヨー・シモン シャブリ

冷涼な土地で収穫されるシャルドネの特徴である酸味をきっちりと表現しながらも、豊かな果実味も持ちあわせたバランスの良い仕上がりです。

ワインの詳細を見る

ルイ・ラトゥール コルトン・シャルルマーニュ

ブルゴーニュの白ワインの中でもとりわけ高品質のワインを産み出すといわれる、コルトンの丘で収穫されたブドウを使用しています。

太陽の恩恵を受け、新樽100%で造られた偉大なワインに仕上がっています。

ワインの詳細を見る

テタンジェ・コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン

フランス・シャンパーニュを代表する造り手です。

シャルドネのみで造られ繊細な泡、引き締まった酸、上品な果実味とどれをとっても「シャンパーニュ侯爵」の名にふさわしい一本です。

ワインの詳細を見る

キスラー ソノマ・コーストレ・ノワゼッティエールシャルドネ

カリフォルニアのシャルドネの造り手として代表的なキスラー。

生産量はわずかで畑名を冠し個性を表現したワイン造りがなされています。

ワインの詳細を見る

カサス・デル・ボスケ シャルドネ ”レゼルヴァ” カサブランカ・ヴァレー

チリのシャルドネの代表的生産地域カサブランカ・ヴァレー産です。

海に近く冷涼な気候が望める理想的な土地でエレガントなワインが造られています。

ワインの詳細を見る

まとめ

シャルドネは世界中で栽培されており、その土地と気候の影響を受けた仕上がりになります。また生産者、醸造方法によっても味が変わるので、飲み比べをしてお気に入りを見つけるのも面白いですね。